トップページに戻る
pressented by μ''zic.

Y-11.ダルポイント

クリシェとは逆に、変化していくコードの中でひとつの同じ音がずっと鳴っているものがペダルポイントです。
普通はベースがずっと同じ音を続けるものを指しますが、ここではそれ以外のパターンも扱います。


●C D/C F/C C
ベースがずっとドの進行。ソ→ファ→ファ→ミというクリシェ的ラインも含みます。
浮遊感のある元気でカッコいい進行です。

●C F/C G/C C
同じくドでペダルポイント。はっきりとした元気な進行に、ドのベースを鳴らし続けることで重量感が生まれます。

●C B/C Am7/C A/C B/C
疾走感と浮遊感のあるパターン。♭系の音をメインに使ったクールな進行です。

●C/G Dm7/G Em7/G G7sus4
ソがベースのペダルポイント。ソをベースにしたことによって次に進もうとする勢いが生まれました。
このパターンではドの音も鳴り続けています。

●F/G Em7/G Dm7/G G7
同じくソのペダルポイント。含まれる音の種類が多いので、メロディーをつける際は濁りに注意。

●Gsus4 G Fsus4/G F/G
私が公開している「iSwitch!」でも使用されている(LEVEL5のBGM)、非常に浮遊感のある進行。
部分転調を含むためメロディーはつけにくいがカッコいい。

●Am D7/A Am7 D7/A
Aをベースにしたペダルポイントの例。最高音がミ→ファ→ソ→ファと動くカッコいい進行。

●Am G/A F/A G/A
同じくAをベースにしたペダルポイント。スピード感と重量感のある響きが特徴。



●Fadd9 G C A7
今度はベースではなく最高音をソにしたパターン。
最高音のペダルポイントは様々なコード進行でアレンジ可能なため、かなり自由度が高いです。
よく使われる音はレ・ミ・ソ・ラ。

●Am G6 Fm7-5 F△7 E7
連続してミが鳴り続ける進行。最高音のペダルポイントはアクセント的な意味が強くなります。

●Cadd9 Em7 F6 G7
Y-3で紹介した優しい進行にレのペダルポイントを加えたパターン。
都会的でどこか儚い響きになります。

●F△7 Gadd9 Em7(11) Am7
「日本人の大好きな進行」のアレンジパターン。ラの音が共通しており、力強い進行になりました。

●C△7 Am7(9) F△7(+11) G7
変わった所だと、シの音をペダルポイントにすることもできます。
元気なはずの循環コードがきらびやかで儚い響きに。


←Prev │ Top │ Next→

トップページへ
  T.はじめに
  U.基礎知識と用語集
  V.響きを確かめる
  W.機能をマスターする
  X.スケール内の使えるコードたち
  Y.実践!コード進行集
    1.おいしい応用パターン集
    2.2種類のコードの繰り返しパターン
    3.【T→T'→S→D】型
    4.【T→S→D→○】型
    5.【T→D→S→○】型
    6.その他の循環コード
    7.逆循環コード
    8.サブドミナントで始まるパターン
    9.カノン進行/ベース下降パターン
    10.クリシェ
    11.ペダルポイント

μ"zic.