トップページに戻る
pressented by μ''zic.

Y-10.リシェ

「クリシェ」とは、同じコードを鳴らし続けながら、あるひとつの音を緩やかに変化させていく進行を言います。
音の変化が少ないため、おとなしくて優しい進行が多いのが特徴。


●C C△7 C7 C6
最初のCは1オクターブ上のドを含んでいるとすると、ド→シ→シ→ラと構成音が半音ずつ下がってきています。
クリシェの分かりやすい代表例で、優しくてどこか切ないような響きです。

●C C/B C/B Am7
上の進行の変化する音をベースに持ってきたパターン。構成音は全く同じ、印象もほぼ同じです。

●Cadd9 Em7/B Em7-5/B A7 Fm/A C/G Fm7-5 G7
2番目の進行をさらに発展させたパターン。ごちゃごちゃしていますが変化している音はわずかです。
主にレ・ミ・ソを共通音として、ベースがドから半音ずつ下がっていきます。

●C Caug C6 C7
今度は逆にソから半音ずつ上がっていくラインのクリシェ。
C7からはFに進行するのが一般的です。

●Cadd9 C C△7 C
レ→ド→シ→ドというラインのクリシェ。都会的で華やかな響きの進行です。

●Csus4 C Csus2 C
sus2は第3音を長2度に変えるという意味。ファ→ミ→レ→ミと言う優しいラインのクリシェ。

●Am Am△7 Am7 Am6
マイナー・クリシェの代表例。ラから半音ずつ下がっていくラインを持ちます。
涙をさそう哀愁ただよう進行。

●Am Gaug C/G Fm7-5
分かりづらいのですが、上の進行のライン部分をベースに持ってきたものです。
バラードでよく耳にする定番のパターン。恐らくクリシェの中で最も使用頻度が高い進行です。

●Am Gaug C/G Fm7-5 F△7 Am/E Ddim7 E7
上の進行をさらに発展させたパターン。ラから半音ずつベースが下がっていきます。

●Am F/A Am6 Am7
ミから半音ずつ上がっていくラインをもつクリシェ。
4番目をF/Aにして繰り返すことも多い奇抜な響きの進行です。


←Prev │ Top │ Next→

トップページへ
  T.はじめに
  U.基礎知識と用語集
  V.響きを確かめる
  W.機能をマスターする
  X.スケール内の使えるコードたち
  Y.実践!コード進行集
    1.おいしい応用パターン集
    2.2種類のコードの繰り返しパターン
    3.【T→T'→S→D】型
    4.【T→S→D→○】型
    5.【T→D→S→○】型
    6.その他の循環コード
    7.逆循環コード
    8.サブドミナントで始まるパターン
    9.カノン進行/ベース下降パターン
    10.クリシェ
    11.ペダルポイント

μ"zic.