トップページに戻る
pressented by μ''zic.

Y-9.カノン行/ベース下降パターン

@カノン進行
「パッヘルベルのカノン」で使われた構成音が滑らかに動く進行で、大逆循環とも呼ばれます。


●C G Am Em F C F G
これが原型のカノン進行です。ド→シ→ラ→ソ→ファ→ミ→ファ→ソという構成音の流れが美しいです。

●C G Am Em F C Dm7 G
最後の部分をツー・ファイブの形にしたもの。この形のアレンジが使われることもあります。



Aベース下降パターン
2番目の進行をもとに、特徴音をベースに持ってきたパターン。
使用例が非常に多く、サビ・Aメロでよく聞く滑らかで優しい進行です。
ここでは今までと違い、それぞれの代理として使える和音を紹介していきます。


●C G/B Am7 Em/G F C/E Dm7 G7
ベース下降パターンの原型。ベースがドから順番に下降しているのが分かります。



【C】
 代理できません。
 ただし、2度目のベース下降進行をAmから始める「マイナー・カノン」にするパターンはよく聞きます。

【G/B】
・E7/B:Amへのセカンダリー・ドミナント。ポップで自然な響きになります。
・Bm7:少し儚いような響きになります。Bm7-5も可。

【Am】
・F/A:Amを使うよりも明るくなります。

【Em/G】
・G:Emを使うよりも明るくなります。
・C7/G:Fへのセカンダリー・ドミナント。転調感があり、自然な流れになります。
・Am7/G:Amの余韻を残しながら次に進むパターンです。

【F】
・Fm:使用例は少ないですが、ここで使うと聴き手に衝撃を与えることができます。

【C/E】
・Em7:C/Eより若干暗くなり、優しいイメージになります。

【Dm7】
・D7:ドッペル・ドミナント。Dm7に比べて陽気な響きになります。
・B:ひとつ前のコードをCにして使います。ベース下降からは外れますが、浮遊感のある響きに。

【G7】
・Dm7/G:より都会的な響きになります。機能は同じくドミナント。



よく使われるのは対照的なこの2パターンです。最も響きが安定しています。


●C G/B Am7 Am7/G F Em7 Dm7 G7
優しい傾向のコードを使ったパターン。バラードのAメロやサビなどで使われます。

●C E7/B Am7 C7/G F C/E D7 G7
こちらは元気なコードを使ったパターン。ポップな曲、楽しげな曲で使われます。



Bその他のアレンジ
ベースが素直に下降しないパターンや、他のコード進行を組み込んだ変則下降パターンなどがあります。

●C G/B Am Em/G F G C C
後半でファ→ミ→ファ→ソの流れを作らずに、すぐにCに解決するパターン。

●C G/B Am Em/G F G A B
上のパターンをさらにアレンジし、後半はベースが上がっていくようにしたもの。

●C E7/B Am7 C7/G F Fm G7sus4 G7
後半を大きなF→Gの進行にしたもの。
ソから半音ずつ上がり、C7/Gのシで折り返して半音ずつ下がる構成音のラインもできています。

●C 《Bm7-5 E7》 Am7 《Gm7 C7》 F 《Em7 A7》 Dm7 G7
偶数番目をツー・ファイブに分解したパターン。分かりにくいのでセット部分を《》で囲いました。
《》内の部分は、2つセットで他のコードと同じ長さで演奏します(個々の長さが半分になる)。

●C G/B Am7 Am7/G 《F G》 《Em7 Am7》 Dm7 G7
後半を逆循環コードで紹介した「日本人の大好きな進行」にしたパターン。
《》の意味は同じです。

●Am Am/G F C/E Dm7 Em7 F G7
Amから始める「マイナー・カノン進行」。このパターンでは後半でベースが上昇していきますが、
そのままDm7→Dm/C→Bm7-5→E7と完全にマイナーにすることもできます。



←Prev │ Top │ Next→

トップページへ
  T.はじめに
  U.基礎知識と用語集
  V.響きを確かめる
  W.機能をマスターする
  X.スケール内の使えるコードたち
  Y.実践!コード進行集
    1.おいしい応用パターン集
    2.2種類のコードの繰り返しパターン
    3.【T→T'→S→D】型
    4.【T→S→D→○】型
    5.【T→D→S→○】型
    6.その他の循環コード
    7.逆循環コード
    8.サブドミナントで始まるパターン
    9.カノン進行/ベース下降パターン
    10.クリシェ
    11.ペダルポイント

μ"zic.