トップページに戻る
pressented by μ''zic.

Y-3.→T'→S→D】型

トニック→サブドミナント→ドミナントと、一般的な展開があって応用が利きやすい循環コードです。
2番目にトニックの代理コードを挟むのが最も使用例が多いパターンです。


●C C F G7
長調の最も基本となるパターンです。「3コード」だけで構成される単純な進行。

●C Am7 Dm7 G7
多くのヒット曲で使われる定番の循環コード。はきはきとした元気な進行です。
Dm7の代わりにFを使ったものもよく聞きます。

●Em7 Am7 Dm7 G7
CをEm7で代理したパターン。いかにも「途中」といった雰囲気になります。
前半3つのコードは、それぞれ同じルートのセブンスコードと交換可能。

●C A7 Dm7 G7
A7→Dm7の部分がニ短調に部分転調しています。たった一音でもここまで印象が変わります。

●C Am7 A△7 G7
サブドミナント・マイナーを使用したパターンで、浮遊感があります。
ベースが半音ずつ下がっていくオシャレな進行です。

●C Em7 F△7 G7
バラードでよく使われる優しいコード進行。
大人っぽい響きにするために第7音を加えてあります。

●C Em7 Dm7 D△7
上の進行のFをDm7で代理し、裏ドミナントを使用したパターン。クールな印象になりました。

●C Fm7-5 F△7 G7
2つめにFm7-5を持ってくるパターン。Am7やEm7に比べると使用例は少なめ。

●Am Am Dm7 E7
短調の最も基本となるパターンです。「3コード」だけで構成される単純な進行。

●Am F△7 Bm7-5 E7
短調でよく使われるパターン。F△7→Bm7-5の増4度の動きが切なく響きます。

●Am F△7 B7 E7
ドッペルドミナントを使用するパターン。何度も言いますがレが非常に印象的です。

●Am Fm7-5 F△7 E7
2つ目をFm7-5にしたもの。このパターンも切ない響きになります。

●Am C Bm7-5 E7
2つ目にCをもって来るとハ長調を期待させるカッコいい進行になります。
このパターンでは次のBm7-5で短調に戻ります。

●Am C Bm7-5 B7
裏ドミナントを使うパターン。ベースが半音ずつ下がっていくのがブルーな響きに。

●Am C F E7
C→Fで一旦ハ長調orヘ長調に部分転調。CをC7にするとヘ長調であることがはっきりします。

●Am C D G
ロック系のコード進行。やはりAm→Cの部分がカッコいいです。

●Am C D E
ロック系のコード進行その2。ベースがド→レ→ミと上がっていきます。

●Am C F G
ロック系のコード進行その3。後半が完全にハ長調のコードになっているのがポイント。


←Prev │ Top │ Next→

トップページへ
  T.はじめに
  U.基礎知識と用語集
  V.響きを確かめる
  W.機能をマスターする
  X.スケール内の使えるコードたち
  Y.実践!コード進行集
    1.おいしい応用パターン集
    2.2種類のコードの繰り返しパターン
    3.【T→T'→S→D】型
    4.【T→S→D→○】型
    5.【T→D→S→○】型
    6.その他の循環コード
    7.逆循環コード
    8.サブドミナントで始まるパターン
    9.カノン進行/ベース下降パターン
    10.クリシェ
    11.ペダルポイント

μ"zic.