トップページに戻る
pressented by μ''zic.

W-10.ッシング・ディミニッシュ 〜なめらかに全音を繋ぐ

ルート音が全音離れた2つのコードを半音ずつで繋ぐdim7コードを「パッシング・ディミニッシュ」といいます。

長調短調
代表的なパッシング・ディミニッシュdim7,Ddim7,Fdim7,Gdim7

一番上の一言解説では分かりにくいと思いますが、例を見ればほぼ一目瞭然です。

例1:「C→F→G7→C」=(F→G7間にパッシング・ディミニッシュを追加)⇒「C→F→dim7→G7→C」
例2:「C→G→Am→F」=(G→Am間にパッシング・ディミニッシュを追加)⇒「C→G→dim7→Am→F」

例1のルート音だけで考えてみましょう。
ファ(F)とソ(G7)は全音離れていますが、その間にファ♯(Fdim7)が入ったことで半音ずつの進行になりました。
このように、ルート音を半音ずつの進行にする目的で入れられるのがパッシング・ディミニッシュです。
基本は半音ずつ上がる場合に使うものですが、Em→Dmの間に限って半音ずつ下がるものも使えます。

例3:「Em7→Dm7→G7」=(Em7→Dm7間にパッシング・ディミニッシュを追加)⇒「Em7→dim7→Dm7→G7」


←Prev │ Top │ Next→

トップページへ
  T.はじめに
  U.基礎知識と用語集
  V.響きを確かめる
  W.機能をマスターする
    1.スケールからコードを作る
    2.トニック 〜もっとも「安定した」コード
    3.
ドミナント 〜トニックへと続く不安定なコード
    4.サブドミナント 〜やや不安定、使い勝手のいいコード
    5.「カデンツ」について
    6.サブドミナント・マイナー 〜少したそがれたサブドミナント
    7.ドミナント・マイナー 〜支配感の薄れたドミナント
    8.裏ドミナント 〜ジャズで定番のカッコいいコード
    9.セカンダリードミナント 〜トニックだけが解決先じゃない
    10.パッシングディミニッシュ 〜なめらかに全音を繋ぐ

  X.スケール内の使えるコードたち
  Y.実践!コード進行集
μ"zic.