トップページに戻る
pressented by μ''zic.

W-7.ミナント・マイナー 〜支配感の薄れたドミナント

長調ではシ♭、短調ではを含むコードは「ドミナント・マイナー」という機能を持ちます。

長調短調
代表的なドミナント・マイナー
その他のドミナント・マイナーGmEm,(C)

ドミナント・マイナーはその名の通りドミナントの亜種です。
トニックに進むと弱い解決感を得られますが、ドミナントのような強くトニックに進もうとする性質はありません。

機能としてはかなり曖昧で、多くの場合サブドミナント・マイナーに統合されてしまいます。
基本的にどの機能のコードから進んでもOK、どの機能のコードに進んでもOKです。

例1:「C→F→→C」
例2:「C→→F→G7→C」

サブドミナント・マイナー→サブドミナントはあまり使われませんが、
ドミナント・マイナー→ドミナントは(ドミナントがトニックに進行する場合は)使えます。
特徴音がシ♭→シ→ド(ソ→ソ♯→ラ)と半音ずつ上がるために滑らかな響きになるからです。

例3:「C→F→→G7→C」


←Prev │ Top │ Next→

トップページへ
  T.はじめに
  U.基礎知識と用語集
  V.響きを確かめる
  W.機能をマスターする
    1.スケールからコードを作る
    2.トニック 〜もっとも「安定した」コード
    3.
ドミナント 〜トニックへと続く不安定なコード
    4.サブドミナント 〜やや不安定、使い勝手のいいコード
    5.「カデンツ」について
    6.サブドミナント・マイナー 〜少したそがれたサブドミナント
    7.ドミナント・マイナー 〜支配感の薄れたドミナント
    8.裏ドミナント 〜ジャズで定番のカッコいいコード
    9.セカンダリードミナント 〜トニックだけが解決先じゃない
    10.パッシングディミニッシュ 〜なめらかに全音を繋ぐ

  X.スケール内の使えるコードたち
  Y.実践!コード進行集
μ"zic.