トップページに戻る
pressented by μ''zic.

W-5.デンツ」について

ここまでで、「安定」のトニック・「緊張」のドミナント・「発展」のサブドミナントの3つの機能が出てきました。
長調短調次に使える機能
トニックC,Am,(Em)Am,F,C,(Caug)ドミナント・サブドミナント
ドミナントG7,Bdim,(Em)E7,Gdimトニック
サブドミナントF,Dm,AmD,Fdim,Bmトニック・ドミナント

コードの基本的な機能はこの3つで、これ以降に紹介する機能はその亜種や応用です。

さて、トニックの記事に音楽はトニックに始まってトニックを求めてさまよう旅のようなものだと書きました。
その、トニックで始まってトニックにたどり着くまでのコード進行を「カデンツ」といいます。

さて、トニックを「T」、ドミナントを「D」、サブドミナントを「S」と表すことにします。
上の表の「次に使える機能」をもとにすると、カデンツには以下のような3つのパターンが考えられます。
(基本的に同じ機能のコードに進むことも許されますが、そのようなパターンは省きます)

@T→D→T

AT→S→T

BT→S→D→T

また、イレギュラーなD→Sを加えると、このパターンも考えられます。

CT→D→S→T

実は今流行している曲も、有名なクラシックも、クールな洋楽も、
使われているコード進行を分析してみるとほぼ全てがこの4つのパターンに当てはめられます。
逆に言えば、このパターンをもとにして色々なコード進行を作ることができます。
このあたりについては、Y.実践!コード進行集で詳しく見ていきたいと思います。


←Prev │ Top │ Next→

トップページへ
  T.はじめに
  U.基礎知識と用語集
  V.響きを確かめる
  W.機能をマスターする
    1.スケールからコードを作る
    2.トニック 〜もっとも「安定した」コード
    3.
ドミナント 〜トニックへと続く不安定なコード
    4.サブドミナント 〜やや不安定、使い勝手のいいコード
    5.「カデンツ」について
    6.サブドミナント・マイナー 〜少したそがれたサブドミナント
    7.ドミナント・マイナー 〜支配感の薄れたドミナント
    8.裏ドミナント 〜ジャズで定番のカッコいいコード
    9.セカンダリードミナント 〜トニックだけが解決先じゃない
    10.パッシングディミニッシュ 〜なめらかに全音を繋ぐ

  X.スケール内の使えるコードたち
  Y.実践!コード進行集
μ"zic.