トップページに戻る
pressented by μ''zic.

W-1.ケールからコードを作る

コードの機能を決定付けているのは調(キー)です。
その調の土台になっているのが音階(スケール)です。
逆に言えば、スケールからコードを作れば、おのずとそこに機能が生まれます。

スケールからコードを作るのは非常に簡単で、
スケール内の7つの音をそれぞれルートにして、その上にスケール上で3度ずつの音を重ねればいいだけです。
これで、そのスケールで使える7種類のコードが簡単にできました。

これはハ調長音階(Cメジャースケール)から作った7つのコードです。


これはイ調和声短音階(Aハーモニックマイナースケール)から作った7つのコードです。
この上にさらにスケールにそって第7音や第6音を重ねれば4和音も作ることができます。

これら7つのコードの中で、1,4,5番目に並んでいるコードは特に重要なコードで、「3コード」と呼ばれます。
すなわち、長音階のC,F,Gと、短音階のAm,Dm,Eが3コードです。
実はこの3コードは、基本となる3つの機能の代表者たちで、
その機能を最も分かりやすく表しているコードになっています。
その「基本となる3つの機能」について、次からの記事で見ていきましょう。


←Prev │ Top │ Next→

トップページへ
  T.はじめに
  U.基礎知識と用語集
  V.響きを確かめる
  W.機能をマスターする
    1.スケールからコードを作る
    2.トニック 〜もっとも「安定した」コード
    3.ドミナント 〜トニックへと続く不安定なコード
    4.サブドミナント 〜やや不安定、使い勝手のいいコード
    5.「カデンツ」について
    6.サブドミナント・マイナー 〜少したそがれたサブドミナント
    7.ドミナント・マイナー 〜支配感の薄れたドミナント
    8.裏ドミナント 〜ジャズで定番のカッコいいコード
    9.セカンダリードミナント 〜トニックだけが解決先じゃない
    10.パッシングディミニッシュ 〜なめらかに全音を繋ぐ

  X.スケール内の使えるコードたち
  Y.実践!コード進行集
μ"zic.