トップページに戻る
pressented by μ''zic.

X-26.m7-5
構成音: シ,レ,ファ,ラ

バリエーション: Bdim7,Bm7,B7

代理コード: D7Dm7G7dim7
長調の機能 トニック ドミナント サブドミナント セカンダリー・ドミナント パッシング・ディミニッシュ
短調の機能 トニック ドミナント サブドミナント サブドミナント・マイナー ドッペル・ドミナント
※バリエーションによって短調の機能と代理コードが変わります


色々な機能を持つB系コードですが、使用例が他のコードに比べて極端に少ないのでひとつの記事にまとめました。
ここから出てくる機能は全て短調のものです。長調ではそもそもほとんど使われません。

Bm7-5:サブドミナント・マイナー
最もナチュラルなB系コードです。素直ながら切なくて儚い響きを持ちます。
Bm7-5→E7という進行は短調の定番。

Bdim7:ドミナント
C→Bdim7→Amというように、平行長調から転調してくる際に、スムーズな流れにする時によく使われます。
響きはE7やGdim7などと同じような暗く切なく優しいものになります。

Bm7:サブドミナント
和声短音階上にできるコードです。Bm7-5と同じような使い方で、切なさが少し和らいでいます。
C→Bm7→E7はあの有名な曲から始まった切ないコード進行。

B7:ドッペル・ドミナント
いかにも「短調!」といった雰囲気をもつ力強くも儚いコード。
の音が印象的で特に儚く響きます。


←Prev │ Top │ Next→

トップページへ
  T.はじめに
  U.基礎知識と用語集
  V.響きを確かめる
  W.機能をマスターする
  X.スケール内の使えるコードたち
Csus4Asus4
C77D7 E7F77G7 A77B7
E7sus4 G7sus4A7sus4
C66 F66
C△7△7△7 F△7△7△7 △7
Cadd9Fadd9 add9
Fmm Am
Dm7Em7 Fm7m7Gm7 Am7Bm7
Fm△7Am△7
Fm6Am6
Dm7-5 Em7-5m7-5 Gm7-5Bm7-5
dim7 dim7Edim7dim7 dim7Bdim7
  Y.実践!コード進行集
μ"zic.