トップページに戻る
pressented by μ''zic.

X-23.
構成音: ラ,ド,ミ

バリエーション: Asus4

代理コード:
長調の機能 トニック ドミナント サブドミナント セカンダリー・ドミナント パッシング・ディミニッシュ
短調の機能 トニック ドミナント サブドミナント・マイナー セカンダリー・ドミナント パッシング・ディミニッシュ


短調のトニックがメジャーコードになったものです。
短調の終わりをAmではなくAにする技法はピカルディー終止と呼ばれ、古くから使われてきました。

現代でもよく聞くコードで、F→G7→Asus4→Aというように、
本来Cへ進むべき所でAsus4を伴ってAに進む、という進行はよく耳にします。
短3度下への部分転調になるので、Aからもとの調のコード(Fなど)に戻る時がまたカッコよく響きます。

変わった使い方としては、一旦Amに進行して終わったと思ったらAに進む、というひねくれ者な進行があります。
Am→Aは、Asus4→Aに劣らない効果的な進行だと私は思うのですが、使用例が結構少ないのが残念です。


←Prev │ Top │ Next→

トップページへ
  T.はじめに
  U.基礎知識と用語集
  V.響きを確かめる
  W.機能をマスターする
  X.スケール内の使えるコードたち
Csus4Asus4
C77D7 E7F77G7 A77B7
E7sus4 G7sus4A7sus4
C66 F66
C△7△7△7 F△7△7△7 △7
Cadd9Fadd9 add9
Fmm Am
Dm7Em7 Fm7m7Gm7 Am7Bm7
Fm△7Am△7
Fm6Am6
Dm7-5 Em7-5m7-5 Gm7-5Bm7-5
dim7 dim7Edim7dim7 dim7Bdim7
  Y.実践!コード進行集
μ"zic.