トップページに戻る
pressented by μ''zic.

X-15.m7-5
構成音: ファ,ラ,ド,ミ

バリエーション:dim7,Fm7

代理コード: D7Am
長調の機能 トニック ドミナント サブドミナント セカンダリー・ドミナント パッシング・ディミニッシュ
短調の機能 トニック ドミナント サブドミナント セカンダリー・ドミナント パッシング・ディミニッシュ
※パッシング・ディミニッシュの機能を持つのはFdim7のみ


FとGの間で使われるほか、AmやCから進行して来てFに進む使い方もされる「中継点」的なコード。
F→G間で使われる場合はサブドミナントとして機能して陽気な響きに、
逆にCやAmから進行してくる場合はトニックとして機能し儚くて優しい響きになります。
バリエーションのFdim7はミがミになってジャズっぽい雰囲気に、
m7はドがドになって少し明るめな雰囲気になります。
状況に応じて使い分けるといいでしょう。


←Prev │ Top │ Next→

トップページへ
  T.はじめに
  U.基礎知識と用語集
  V.響きを確かめる
  W.機能をマスターする
  X.スケール内の使えるコードたち
Csus4Asus4
C77D7 E7F77G7 A77B7
E7sus4 G7sus4A7sus4
C66 F66
C△7△7△7 F△7△7△7 △7
Cadd9Fadd9 add9
Fmm Am
Dm7Em7 Fm7m7Gm7 Am7Bm7
Fm△7Am△7
Fm6Am6
Dm7-5 Em7-5m7-5 Gm7-5Bm7-5
dim7 dim7Edim7dim7 dim7Bdim7
  Y.実践!コード進行集
μ"zic.