トップページに戻る
pressented by μ''zic.

X-7.7
構成音: レ,ファ,ラ,ド

バリエーション: D7(9)

代理コード: dim7m7-57Bm7
長調の機能 トニック ドミナント サブドミナント ドッペル・ドミナント パッシング・ディミニッシュ
短調の機能 トニック ドミナント サブドミナント セカンダリー・ドミナント パッシング・ディミニッシュ


古典的には長調のドッペル・ドミナントとして使われてきた明るく陽気なコードです。
しかし現代ではD7→Fというクールな進行でも活躍できるコードになりました。
Dm7と同じで長調と短調をスムーズに繋げる役割も持っています。

ファの音が印象的に聞こえるコードなのですが、ファを含むコードに進むと転調感が出てカッコいい。
実際はト長調(ホ短調)からもとの調に戻っているだけなので後ろの進行を気にすることもなく使えます。


←Prev │ Top │ Next→

トップページへ
  T.はじめに
  U.基礎知識と用語集
  V.響きを確かめる
  W.機能をマスターする
  X.スケール内の使えるコードたち
Csus4Asus4
C77D7 E7F77G7 A77B7
E7sus4 G7sus4A7sus4
C66 F66
C△7△7△7 F△7△7△7 △7
Cadd9Fadd9 add9
Fmm Am
Dm7Em7 Fm7m7Gm7 Am7Bm7
Fm△7Am△7
Fm6Am6
Dm7-5 Em7-5m7-5 Gm7-5Bm7-5
dim7 dim7Edim7dim7 dim7Bdim7
  Y.実践!コード進行集
μ"zic.