トップページに戻る
pressented by μ''zic.

X.スケール内の使えるコードたち

W章まではコードの響き、コードの機能など、どちらかというと理論的な記事が中心でした。
ここからは(ハ長調・イ短調の)実際のコードネームを使いながら、
より「現場に近い」コードの紹介をしていこうと思います。

まずX章はスケールから見た使えるコード単品たちの紹介。
現代のポピュラー音楽で好まれる4和音を中心に、「どんな印象を与えるか」「どんな場面で使うと効果的か」
などの実践的な技を紹介していきます。
コードリファレンスとしても使えるよう、機能などの基本情報も載せていきます。

【基本情報の読み方】
 ・構成音
  コードの構成音を階名で表しています。特徴的な音は赤字で示されます。
 ・バリエーション
  コードのテンションなどのバリエーションです。
 ・代理コード
  そのコードの代わりに使えるコードです。大抵はお互いにに代理しあうことができます。
  (Em7がCの代理コードなら、CもEm7の代理コード)
 ・MAJOR
  長調(ハ長調)の中でそのコードがもつ機能です。
 ・MINOR
  短調(イ長調)の中でそのコードがもつ機能です。

なお、コードの機能の略号は次の通りです。
T……トニック
D……ドミナント
S……サブドミナント
DM……ドミナント・マイナー
SM……サブドミナント・マイナー
R……裏ドミナント
2……セカンダリー・ドミナント
DD……ドッペルドミナント
2R……裏セカンダリー・ドミナント
P……パッシング・ディミニッシュ

1.,Csus4
2.C7
3.dim7
4.7
5.Dm7
6.Dm7-5
7.D7
8.dim7
9.
10.Em7
11.E7,E7sus4
12.Em7-5,Edim7
13.
14.Fm
15.m7-5,Fdim7,Fm7
16.7
17.G7,G7sus4
18.Gm7,Gm7-5
19.dim7
20.m
21.
22.Am
23.,Asus4
24.A7,A7sus4
25.
26.Bm7-5,Bdim7,Bm7,B7


←Prev │ Top │ Next→

トップページへ
  T.はじめに
  U.基礎知識と用語集
  V.響きを確かめる
  W.機能をマスターする
  X.スケール内の使えるコードたち
Csus4Asus4
C77D7 E7F77G7 A77B7
E7sus4 G7sus4A7sus4
C66 F66
C△7△7△7 F△7△7△7 △7
Cadd9Fadd9 add9
Fmm Am
Dm7Em7 Fm7m7Gm7 Am7Bm7
Fm△7Am△7
Fm6Am6
Dm7-5 Em7-5m7-5 Gm7-5Bm7-5
dim7 dim7Edim7dim7 dim7Bdim7
  Y.実践!コード進行集
μ"zic.