トップページに戻る
pressented by μ''zic.

U-5.ードネームの読み方

コードを表すのには、コードネームを使うのが非常に便利です。
少ない文字数でコードの全ての情報を表せるからです。
しかし、読めなかったら便利も何もありませんよね。
そこで、ここではコードネームの読み方を説明します。


表している情報ごとに色分けしました。ほとんど1文字=1情報ですね。
それぞれ、以下のような情報を表しています。
……ルート音
……トライアドの種類
……更に重ねる音
-5……音程の変化/テンション

・ルート音
名前通り、ルート音を表します。
♯や♭はアルファベットの後ろに書きますが、CやEというように右上に書くこともあります。
読む時は普通にアルファベットで読みます。

・トライアドの種類
第3音・第5音がどんな音程かを表します。

記号第3音第5音読み方
(なし)長3度完全5度メジャー
m,min,-短3度完全5度マイナー
dim,短3度減5度ディミニッシュ
aug,+長3度増5度オーグメント
sus4完全4度完全5度サスペンディッド・フォース
5,no3,omit3(なし)完全5度ノーサード,オミットサード,パワーコード

サスペンディッド・フォースは略してサスフォーと呼ぶ人もいます。
また、名前通り「3度の音」が「4度の音」になっています。
なお、これ以降の記号でもそうですが、数字は序数(ファースト,セカンド,サード……)で読みます。

・更に重ねる音
トライアドに更に重ねる音があれば、ここに書きます。
トライアドがsus4の場合のみ、例外的にこちらの記号を先に書きます(例:C7sus4)。
add9を除いて、9以上の数字はあまり使われることはありません。

記号重ねる音読み方
6長6度シックスス
7短7度セブンス
△7,maj7,M7長7度メジャー・セブンス
add9長9度アディショナル・ナインス
9短7度長9度ナインス
△9,maj9,M9長7度長9度メジャー・ナインス
69長6度長9度シックスス・ナインス
11短7度長9度完全11度イレブンス
△11,maj11,M11長7度長9度完全11度メジャー・イレブンス
13短7度長9度長13度サーティーンス
△13,maj13,M13長7度長9度長13度メジャー・サーティーンス

※「7」は、トライアドがdimの場合は減7度(=長6度)を表します。
「アディショナル」は「アド」と略して読むことが多いです。

・音程の変化/テンション
第5音が増5度や減5度の場合、ここに書きます。
また、9以上のテンションがある場合、ここにカッコつきで書きます。

記号変化/テンション読み方
-5,♭5完全5度→減5度フラット・フィフス
+5,♯5完全5度→増5度シャープ・フィフス
(9)長9度ナインス
(-9),(♭9)短9度フラット・ナインス
(+9),(♯9)増9度(=短10度)シャープ・ナインス
(11)完全11度イレブンス
(+11),(♯11)増11度シャープ・イレブンス
(13)長13度サーティーンス
(-13),(♭13)短13度フラット・サーティーンス


・その他の略号など
・コードネームの最後に/G,onGのように書くと「最低音にGを鳴らせ」という意味になります。
 この記号は「オン・ジー」と読みます。(もちろんG以外でも使えます)
 例:Dm7/GまたはDm7onG

・右上に小さく書かれたφは、「ハーフ・ディミニッシュ」と読み、m7-5を表します。
・ポピュラー音楽ではdim,がdim7を表すことがあります。
 その場合、本来の(3和音の)dimは△dimと書きます。

・読み方(全体)
簡単に言えば、左から順番に読んでいけばいいだけです。
#m7-5なら、「エフ・シャープ・マイナー・セブンス・フラット・フィフス」となり、
G7(-13)なら、「ジー・セブンス・フラット・サーティーンス」となります。


←Prev │ Top │ Next→

トップページへ
  T.はじめに
  U.基礎知識と用語集
    1.そもそも「コード」とは?
    2.覚えておきたい「音の幅」
    3.コードと密接に関係する「音階」と「調」
    4.コードの基本構成
    5.コードネームの読み方
  V.響きを確かめる
  W.機能をマスターする
  X.スケール内の使えるコードたち
  Y.実践!コード進行集
μ"zic.