トップページに戻る
pressented by μ''zic.

U-4.ードの基本構成

さぁ、いよいよここからがコードの話になります。
コードは基本的に「ルート」「トライアド」(+「第6音/第7音」)(+「テンション」)で構成されます。

※「第6音/第7音」と「テンション」は必ずしもあるとは限りません

いきなり言葉を並べられても知らない人はちんぷんかんぷんだと思います。ひとつずつ見ていきましょう。

・ルート
ルート(Root/日本語では「根音」)は、コード内で基準となるひとつの音のことを言います。
大抵の場合、コードの一番低い音はルートの音が使われます。
また、コードの構成音は第3音、第5音……といったように、ルートとの「音の幅」の数字で呼ばれます。

・トライアド
ルートに3度、5度の音を重ねたものを「トライアド」と呼びます。
トライアドはコードの最小単位で、これだけでもコードは成立します。
第3音・第5音とルートとの音の幅の違いにより、トライアドはいくつかの種類があります。

・第6音/第7音
第6音/第7音は、トライアドに更に重ねる4つ目の音のことです。
名前の通り、ルートとの音程差が6度や7度になる音です。
特別な呼び方を持たないので、ここでは「第6音」「第7音」と呼ぶことにします。
トライアドだけのコードは響きが単純ですが、第6音/第7音を加えると少し複雑な響きになります。

・テンション
更に更に重ねる音で、必ず他のどれか構成音と不協和音程になる不安定な音です。
日本語では「非和声音」と呼ばれ、正確にはコードの構成音ではないとする人もいます。
テンションは必ずどのコードにもあるわけではなく、特にテンションを持つコードは「テンション・コード」と呼ばれます。
テンションには、ルートとの音程差が短9度・長9度・増9度・完全11度・増11度・短13度・長13度のものが存在します。

テンションは不安定な音のため、他の構成音に進むと安定した響きを得ることができます。
これは「解決」、テンションの場合は特に「テンション・リゾルブ」と呼ばれる、美しい進行のひとつです。

この場合、不安定な9度の音(テンション)が安定した8度(=ルート音)に解決しています。


←Prev │ Top │ Next→

トップページへ
  T.はじめに
  U.基礎知識と用語集
    1.そもそも「コード」とは?
    2.覚えておきたい「音の幅」
    3.コードと密接に関係する「音階」と「調」
    4.コードの基本構成
    5.コードネームの読み方
  V.響きを確かめる
  W.機能をマスターする
  X.スケール内の使えるコードたち
  Y.実践!コード進行集
μ"zic.