トップページに戻る
pressented by μ''zic.

U-3.コードと密接に関係する「階」と「調」

1オクターブの間には、全部で12の音(白鍵7音+黒鍵5音)があります。
しかし、全部の音を平等に使うわけではなく、その中からいくつかの音を「メイン」として使うのが一般的です。

少し、階段に例えて話をしましょう。
12段(=1オクターブ)の階段を上まで上るとき、「どの段を踏んで上っていくか」を表すのが音階です。


例えばこの図のように「3歩目」と「7歩目」以外を「一段飛ばし」で上るのが「長音階(メジャースケール)」です。
イメージしやすいように右に階名を書きましたが、音階はあくまでも「上り方」を表すものなので、
ドから始めてド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ドと上っても、ミから始めてミ・ファ#・ソ#・ラ・シ・ド#・レ#・ミと上っても、
同じように3歩目と7歩目以外を「一段飛ばし」で上っていれば、同じ長音階になります。
音に話を戻すと、一歩一歩が隣の音との幅を表し、「一段飛ばし」は全音、3歩目と7歩目は半音ということです。

音階は、始まりの音を指定した呼び方にすることもできます。
例で上げたドから始まる長音階は「ハ調長音階」、英語で「Cメジャースケール」などと呼ばれます。

「調(キー)」は、音楽の中でどの音階を基本として使うかを表したもので、
ハ調長音階を基本として使う調は「ハ長調」、イ調短音階を基本として使う調は「イ短調」というようになります。



それではここからは、音階の種類を紹介します。
・長音階(major Scale)


第3音と第4音、第7音と(オクターブ上の)第1音の間の幅が半音で、それ以外の幅が全音の音階です。
ドから始めて白い鍵盤だけをド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ドと弾くと長音階になります。
主に明るい曲で使われます。

・自然短音階(natural minor Scale)


第2音と第3音、第5音と第6音の間の幅が半音で、それ以外の幅が全音の音階です。
ラから始めて白い鍵盤だけをラ・シ・ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラと弾くと自然短音階になります。
主に暗い曲で使われます(短調では、自然短音階・和声短音階・旋律短音階が混合して使われます)。

・和声短音階(harmonic minor Scale)


自然短音階の第7音を半音上げた音階です。
ラから始める場合、ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ・ソ#・ラとなります。
短調のコードは、基本的にこの音階を使って作ります。

・旋律短音階(melodic minor Scale)


自然短音階の第6音・第7音を半音上げた音階です。
ラから始める場合、ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ#・ソ#・ラとなります。
ただし音が下がってくる場合(下向形)、自然短音階と同じになります。

・その他の音階
ここで紹介した音階以外にも、中世の教会旋法をもとにした音階がいくつか存在します。
その中でも、ドリアン・スケール(自然短音階の第6音を半音上げた音階・ラシドレミファ#ソラ)、
ミクソリディアン・スケール(長音階の第7音を半音下げた音階・ドレミファソラシ♭ド)がよく使われます。
また、1オクターブ内の音が5音、6音のものなども存在しますが、このページでは詳しく触れません。


←Prev │ Top │ Next→

トップページへ
  T.はじめに
  U.基礎知識と用語集
    1.そもそも「コード」とは?
    2.覚えておきたい「音の幅」
    3.コードと密接に関係する「音階」と「調」
    4.コードの基本構成
    5.コードネームの読み方
  V.響きを確かめる
  W.機能をマスターする
  X.スケール内の使えるコードたち
  Y.実践!コード進行集
μ"zic.