トップページに戻る
pressented by μ''zic.

U-2.覚えておきたい「の幅」

音を2つ以上同時に鳴らす時、そこには必ず「音の幅」があります。
(ここでいう「音の幅」とは時間的なものではなく高さの幅のことです)
実はこの「音の幅」は、ハーモニーにおいてとても重要な役割を持ち、
音の幅の大きさによってきれいに響いたり、濁って聞こえたりするのです。

音の幅は「度」という単位で表します。
「度」は、ピアノの白い鍵盤で考えた時、隣の音が2度、2つ隣の音が3度、3つ隣が4度……というように数え、
同じ数字でも半音だけ幅の違う「短音程」「長音程」または「完全音程」が存在します。
また、「増音程」は「長音程」「完全音程」より半音広く、「減音程」は「短音程」「完全音程」より半音狭い音程です。

半音の数響き備考など
0完全1度ユニゾン
1短2度×
2長2度×
3短3度コードは基本的に3度ずつで音を並べる
4長4度コードは基本的に3度ずつで音を並べる
5完全4度
6増4度=減5度×トライトーンとも呼ばれる重要な音程
7完全5度
8短6度
9長6度
10短7度×
11長7度×
12完全8度オクターブ


「響き」の欄にある記号の意味を説明します。

★……完全協和音程
2つの音がよく溶け合います。力強く、無機質な響きになります。

○……不完全協和音程
2つの音が美しく響きます。この音程でハモるのが音楽の基本です。

×……不協和音程
2つの音が溶け合いません。しかし、この音程を使いこなせると音楽の幅がぐっと広がります。

表にはありませんが、9度以上の音程も存在します。
8度はオクターブ(=同じ名前の音)なので、9度以上の音程は9度→2度、11度→4度というように、
もとの音程から7引いた音程と同じ響きになります。


←Prev │ Top │ Next→

トップページへ
  T.はじめに
  U.基礎知識と用語集
    1.そもそも「コード」とは?
    2.覚えておきたい「音の幅」
    3.コードと密接に関係する「音階」と「調」
    4.コードの基本構成
    5.コードネームの読み方
  V.響きを確かめる
  W.機能をマスターする
  X.スケール内の使えるコードたち
  Y.実践!コード進行集
μ"zic.